【留学準備ハンドブック】フィリピンへ留学する方必見!パスポート発行から持ち物リストまで

フィリピン留学の準備を始める方必見!何をどのように準備すればよいか詳しくご紹介します!パスポートの発行方法、航空券の取得や保険加入など、幅広く取り上げています。ぜひ参考になさってください!

目次

パスポートの発行

海外に行く際に必ず必要となるパスポート。初めて海外に向かう方でもご安心ください!ここでは、パスポートの新規発行、更新について詳しく解説します!パスポートの有無、有効期限によって取得方法は異なります。

  • パスポートを持っていない方
  • パスポートが有効期限切れの方
  • 出国後6カ月以内に有効期限が切れる方

パスポートを持っていない方

 初めてパスポートを申請する手続きの流れをご紹介します!

STEP
必要な書類を集める

パスポートの申請するためには、4~5種類の書類が必要となります。以下、必要な書類の一覧です。なお、各自治体のホームページも一度ご確認ください。

  • 一般旅券発給申請書 1通
  • 戸籍謄本 1通
  • 住民票の写し 1通 (必要な方だけ)
  • 写真 1葉
  • 本人確認書類

各書類について詳しく見てみましょう!

一般旅券発給申請書 1通
こちらは2つの方法で準備できます。ご自身の都合に合わせてご用意ください。
a. 外務省ホームページより、Web上でパスポート申請書に入力し、ダウンロードする。
b. パスポート申請窓口で、手書きでパスポート申請書に記入する。

戸籍謄本 1通
申請日前6カ月以内に作成されたものをご用意ください。

住民票の写し 1通(必要な方だけ)
住民票が必要になるのは以下の方です。
a. 住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されていない方
b. 住民登録をしていない単身赴任先や就学先などの都道府県で申請される方

写真 1葉
申請日前6カ月以内に撮影された、縦45㎜×横35㎜で無背景の写真をご用意ください。写真の裏面には申請者の名前を記入してください。

本人確認書類 
a. 1点のみで良い書類
 マイナンバーカード、運転免許証、船員手帳など
b. 2点必要な書類(A・Bの各1点またはAから2点)
 A:健康保険証、共済組合員証、年金証書、印鑑登録証明書など
 B:学生証、会社の身分証明書など

STEP
申請する

STEP1で集めた書類をもって、住民登録している都道府県のパスポート申請窓口へ行きましょう!申請から受領までに、通常1週間程度はかかるので、余裕をもって申請しましょう◎
※未成年者の申請、代理人による申請書提出は別途手続きが必要となります

STEP
パスポートを受け取る

パスポートを受け取る時は、必ずご本人が窓口へ足を運んでください!その際、①受領書、②手数料を持っていきましょう!

パスポートが有効期限切れの方

パスポートの有効期限が切れている方は、再び新規作成していただく必要があります。上記のパスポート申請の流れに沿って、作成ください。

また、パスポートの失効処理をする場合があるので、期限切れパスポートも持参していきましょう。

出国後6ヶ月以内にパスポートが有効期限切れとなる方

パスポートは、入国日から6カ月以上の有効期限が必要です。パスポートの残存有効期間が1年未満である場合、パスポートの更新ができます。更新は、パスポート申請窓口またはオンラインでも可能です◎
※オンラインでの申請には、マイナンバーカードが必要です

航空券の購入

ここでは、「航空券を取得する際に注意すること」「どこの空港を目的地にすればよいのか」について詳しく解説していきます!留学期間が一か月を超える予定の方は特に、航空券の取り方に注意する必要があります。

航空券の取得(2023年9月5日更新)

入国時に必要な出国用航空券(最新)

日本を出国する際、「フィリピンから出国する航空券」の所持が必要となります(2023年9月5日更新)!フィリピンでは入国時に、フィリピンを出国する航空券を提示する必要があります。そのため、事前に往復航空券を取得しておく必要があるのです!

以前まで、30日以内にフィリピンから出国する「帰国便の航空券」または「第3国行きの航空券」の所持が必要でした。1か月以上の滞在には、出国する予定の一時的な証明のために「捨てチケット」を用意する必要がありました。捨てチケットとは名前の通り、実際には使わずにキャンセルする航空券のことです。

Pickey

「捨てチケット」がいらないのか!無駄な出費がなくなったね♪

Harry

ただひとつ、注意してほしいんだ。航空券予約の性質上、11カ月以上の留学を考えているならば、捨てチケットの用意は必要なんだ。

例外:捨てチケットが必要な場合

基本的に、捨てチケットは不要です。しかし、捨てチケットが必要な場合があります!多くの航空券の予約は、11カ月前に開始します。そのため、11カ月以上の留学を予定されている方には、入国時のために捨てチケットが必要となります。

捨てチケットの行き先は日本である必要はなく、フィリピンから最も安い価格で渡航できる国で構いません◎シンガポールは特に安く渡航できるので、行き先としておすすめです♪長期留学を予定されている方は、捨てチケットが必要かどうか、よくご確認ください。入国までに、出国用航空券が予約できれば問題ありません◎

以下、変更点をまとめました。入国時に出国用航空券が必要な点に変わりありません。

入国時必要な出国用航空券捨てチケットが必要な場合
変更前入国から30日以内の出国用航空券31日以上の留学
変更後出国用航空券(日付に制約なし11カ月以上の留学

セブの学校の場合

セブ島への留学をご希望の方は、マクタン島にあるマクタン・セブ空港行きの航空券をご用意ください。

マクタン・セブ空港には、経由便と直行便があります。成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港から直行便が運航しています。セブパシフィック航空、フィリピン航空などで直行便が利用可能です◎所要時間は約4~5時間です。

料金は往復6~9万が目安となります。
※時期や航空会社によって変動します

空港からは、前払い式のクーポンタクシーとメータータクシーが出ています。セブ市内まで40分~1時間、マクタン島のホテルまで20分~30分ほどかかります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次